All Articles

network 復習

IPSec VPN

IPSec VPN に対応したルータ同士で接続する
クライアントPC には VPN ソフトウェアが必要
OSI 参照モデルで言うネットワーク層以上のデータが暗号化される

SSL VPN

SSL VPN Gateway にアクセスさせて、そこから後段のサーバにリバースプロキシさせる手法がある
そのため、GateWay には認証機能が必ずある。
Gateway へは Internet からアクセス可能なので。
あまり通常の認証ありのアプリケーションとの違いがわからない。
必ずSSL通信が対象の Gateway とやりとりされるというのがメリット?

P2PE

P2PE サーバというクレジットカードの情報を復号化する機能をもったものとやりとりすることで
端末での復号化を防ぎ、セキュリティを担保する仕組み。
カード情報を端末や店舗側に残さない(暗号化されてやりとりされるため)

AWS Transit Gateway

TransitGateway 使わないとき

ClientVPCGateway
MyVPCGateway_1
MyVPCGateway_2

TransitGateway 使えるとき

ClientVPCGateway
TransitGateway
MyVPC_1
MyVPC_2

メリット ClientGatewayや、MyVPCGateway が増えたときの管理が楽
TransitGatewayに設定追加すればよいので

BGP

Route 53

エイリアスレコード AWS のリソースにトラフィックをトラフィックをルーティングさせることができる。
Zone Apex(example.com といったドメイン名)と同様にレコードを作れる
CNAME でできない同一ドメインに対しては設定できない & ELBなどに設定したいときにIPアドレスが可変になってしまうを解決できる

参考